辛くて嫌なことから逃げない

2017年9月7日

これは、以前の自分のFBから拾っています。

ーーーーーーーーーーーーーー

目の前にやってくる嫌な事、試練には必ず意味があると本当に身を持って理解したことは財産です。

だからこの先、私は苦手な事でも辛い事でも、
克服するために頑張れると思います。

ーーーーーーーーーーーーーー
誰かから聞いたりして、「そうだなぁー」って思うことは星の数ほどあるんですけど。
身を持って実感したことは忘れずいつも思うし説得力がある。

 

何かをする



結果、悪いことが起こるかもしれないし、良いことが起こるかもしれない。

でも、その「解釈する」ってことがとても微妙なんですよね。

起こった出来事自体には、「出来事」というタグしか付いていなくて、「良い・悪い」の判断や解釈をしているのは自分だってことです。

事実と解釈は別。

懐かしい写真。

 

3年もしくは5年・10年スパンで見た時、必ずしも「今、悪いと思っていること」が悪い、もしくは良いと限らないはず。

私の考えでは、「全ては最良」なんですけどね。
なんでこんな事になったの?とか、こんな人と出会いたくなかった、とか、これは最悪だった!

って思っても、後になってみると「あれが良かったな」ってなるはず。

全ては、ただただ行動した結果、起こった出来事にすぎない。

この感覚は私が大事にしたいこと。反応はいちいちしなくていい。

私は未熟なので、反応するんですけどね・・・。笑
不誠実とか不義理みたいなキーワードが出てきた瞬間に、コントロールが効かなくなってしまうー。

まぁ、私らしくていーのかなって。未熟なことが悪いことでもないから。笑