初めて広報。この1ヶ月間やっていたことと思ったこと

2017年9月5日

 

私のキャリアー背景

私は、前職では入社以来ずっとBtoBで、対企業の窓口とか、新規営業みたいなことをしたり。
あとは、途中からマネーセミナー講師を経験し、「講師だけやるって、微妙だなぁ」というところから、BtoCのセールスを少し経験させてもらっての今があります。
生命保険や、最後はIFA部門で劣後債のセールスにも関わりました。

現職は初の、広報。

今は1ヶ月目、広報という仕事の正解が何か、どういうやり方がいいのか、私の中でまだまだ模索している毎日です。

とりあえず、まずやったことはテレアポ。コネもツテもほとんど無しだったので。。。
前職でもマネー系メディアのコラムを書いたことがあったし、メディア関係の方と名刺交換をしたことはあったので、片っ端から(笑)FBでメッセージを送る、転職しましたというメールを送る、電話もする。
プライベートで名刺交換した方にも、とにかくご連絡をしました。

入社数日。IT企業なので、電話もあまり鳴らない(というか2台しか無い)しーーーんとしたOfficeで、電話をかけまくるのはとっても勇気がいりました笑

 

メールのスルーも半分以上?みなさん、お忙しいので普通だと思います。私は全く気にならないタイプです。
というか、スルーやお断りでヘコたれていたら仕事なんてできません。歯磨きと一緒。
(私の場合、前職でもインバウンドの仕事が大半だったので、どうしてこんなにメンタルが図太くなったのかわからないのですが・・・)

有難いことにレスをいただいた方々へは「転職のご挨拶」へ。過去に一緒にセミナーをさせていただいた新聞社さん、雑誌社さんなど、色々とご挨拶に伺いました。

この時に後悔したのは、前職の際に「まさか自分がメディアの方と仕事をする日が来るとは思わなかった」ということです。
名刺交換をして、その場のご挨拶だけで終わっていました。
年賀状や、暑中見舞いなど、keep in touchしておけば、もっと円滑だったのに・・・と思いました。
どんなご縁も、細く長く気を配るべきと体感しました。

 

写真は以前、FinTechの取材をしていただいた、株式会社ZUUのメディアDAILYANDSさん。快くアポを受けてくださって大感謝でした涙

転職のご挨拶という口実

会うための口実は、なんでもいいんです。
目的は会って話してリレーションを作る(再開する)こと、そして何かしらの結果を持ち帰ること。

結果を持ち帰るためには、最初にゴールセッティングをすること。
あと当たり前なんですけど先方のメディアで何を取り扱っているか、資本関係はどうなっているのかも確認していきます。
これを間違えたらすごい地雷です。チュドーンて!
そして、ちんたら自社の概要を説明しないこと。関係性を築いたら、興味を持ってくれるはずなので共感、好感のコミュニケーションを。

これは強みだったのですが、入社2日目から一人で飛び込み営業できたのは、FPをやっていたからだなと思います。その会社を名乗るなら、その責任を持って調べて説明する。私が聞き手だった場合「新人なのでわかりません」て言われたら、興ざめしてしまうかもしれません。
つまり、どこかの広報をやるのなら、その業種のことにある程度精通していた方が良いと思います。

はい、ちんたら持論を述べました。

こんな感じで、ここでは学んだこと、やったこと、思ったことをちょくちょく書いていきます。
広報は奥が深くて楽しい仕事ですが、正解が無いですしルーチンも無い。
私は、新米すぎてまだまだ何も見えてない!でも、新米って失敗できるチャンスなんですよね。クビにならない範囲で失敗も繰り広げてここで披露したいと思います笑

私にとってのゴールはすでにあるのですが、また別の機械に。