クラウドクレジットってどんな会社?私が入社を決めた経緯。

2017年9月3日

大学を出てから10年間勤めた会社を退職して、2017年7月から【クラウドクレジット株式会社】へ、広報として入社することとなりました。

私の中で、【金融】という分野は、ナゼか切っても切り離せないもので。(切り取ろうとしても追いかけてくるんです。。。)

・なぜこの会社なの?
・なぜ広報なの?
せっかくなので書いておこうと思います。

■なぜこの会社なの?
実は、クラウドクレジット社と出会った時には、私は別の会社の内定をいただいており、8月からそちらで勤務する予定でした。
そんな時にひょんなキッカケで代表の杉山さんのブログを読み、なんだか妙に共感と納得をし、「どんな会社なのかな?」と、企業情報を見に行きました。


「よくわからないけど、良い投資ができる会社!」
が非常に私的な第一印象でした。笑

正直、初見では難しくてよくわからなかったのですが、発展途上国の資金需要に投資をすることで、融資を受ける側は成長のチャンスを得られる、一方で投資をする側の日本では、高い利回りを得ながら社会投資に参加ができる。
しかも1万円から!

このマッチングって、とてもハッピーで気持ちの良いものだなと感じました。
そして「ちょっとお話を聞いてみようかな、、」と本当に軽い気持ちで【応募する】ボタンをクリックしました。
(ちなみに、私はベンチャー企業気質で、大企業で働くことには興味が湧かないタイプです笑)

日曜日の夕方だというのに、おそらく10分くらいで、代表の杉山さんから返信があり(「さすがベンチャーの社長!日曜日も働いている♪」と心弾んだ記憶があります笑)、トントンと進み翌月曜日の18時にオフィスへ伺うことになりました。

杉山さんは物腰穏やかですが、とてもエネルギーが高く、話しているうちにまろやかにビジョンに巻き込まれる、そんな魅力的な方でした。
社長ブログからも、人柄の誠実さや面白さが伝わってきます!

約1時間ほど、会社の紹介や事業内容、どんな役割を必要としているかを聞いているうちに、私はすっかり、そこで働いている自分の姿をありありとイメージしてしまっていたのです。

もちろん、内定が出ている身なので、一度決めたことは筋を通したい、また待っていただいていたので今更結論をひっくり返すのは不義理だと強く感じ、一旦保留とさせていただき帰宅しました。

でも。
クラウドクレジット社の投資スキーム、社会的意義、FinTechという日本ではまだまだ認知が低い「マニアック」な領域の可能性、、、
本当に悩みましたが、最終的には合流させていただくことに決めました。

■なぜ広報なの?
今回、クラウドクレジット社の採用情報で「広報責任者募集」と見たときに、他の職種もある中迷わずクリックしてしまったのですが、私は広報未経験です。

今まではファイナンシャル・プランナーとして、マネーセミナーをしたり、マネーコラムを書くことが仕事でした。
(セミナーや執筆はこれからも継続予定です)

私は金融という分野の中で、何かを「販売」するのではなく、「発信や伝えること」が好きなんだというのはずっと気づいていたことでした。
自分が良いと感じたことを伝える、思いを発信する。何かを考える「きっかけ」を提供したい気持ちが強いんです。

もう「ベンチャー×金融×広報」・・・これしかない。という直感ですね。

実際に代表の杉山さんと話しているうちに、会社が求めていることと、私がやって行きたいことがとてもマッチしそうだということ。
そしてこのマニアック(笑)な、でも自分が良いと思えるビジネスをしている会社を、たくさんの人に知ってもらえたら楽しいかも!
何よりやりがいがありそう!
そう感じました。

未経験の私なんかにできるかな?
じゃなくて、どうしたらできるだろう?
それを自由に考えて実践できる場所なんだと思っています。
採用していただいたご恩とご縁に誠意を持って。。。

もちろん、一人でできることって本当にわずかだと思います。
だから、他の社員の方と一丸で良いチームになり、掛け算でもっともっと良くしていく。
そういう面でも、とても素敵な方々が在籍しているこの会社が魅力的でした。

今回は長い記事を書いてみました。
いつか読み返して懐かしく思う日を楽しみに。笑

読んでいただいた方、ぜひ「ソーシャルレンディング」という新しい投資を、ポートフォリオの一部に取り入れてみてください♪
勉強会はいつでも開催しに参ります!