固定費を下げることが「やりくり上手」のポイント

2017年9月3日

お金が貯まる人、全然貯まらない人の違いって、実はちょっとした違いだということは以前の記事でも書きました。

これは、年収が高いか低いか、ということではなく習慣によるものが多いように思います。

 

ということは。

朝起きたら歯磨きをするように、お金の使い方も習慣で「貯まる使い方」ができると良いですよね。


↑これ、私です笑 たまにFP相談もやっています。

 

でも、前提条件として「固定費」は下げておくことが大事だと思います。

固定費:住居費、通信費、保険料 など

 

例えば、家賃を月2万円下げると年間で24万円、2年間で48万円です。

住宅ローンを組んでいる方の場合でも、今は低金利ですので借り替えをすることで総支払額を下げたり、変動金利から固定金利に変更することで、金利上昇の可能性を無くしたりできるかもしれません。

また、通信費も家族分の携帯を格安SIMに変更すれば年間でかなりの額が節約できるはずです。

結構安いです。
【DMMモバイル】加入するなら今がチャンス

保険も、例えば火災保険の重複見直しや、いらない特約を外すなどでコストダウンできる場合もありますし、生命保険も目的を明確にして選択をして行かないと、あとでびっくりする方も多いのが事実です。(ビックリの内容は人それぞれですが。。。)

たかが数100円、たかが1000円と侮る支出が、生涯で見るとかなりの額になるものです。