転職を考える場合、いくらくらい貯蓄があればいいの?

2017年9月3日

いまの時代転職することも一般的ですし、

悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

 

今回は転職を考えている方に向けて!

現在の職場で働きながらの転職活動は、

面接の日程調整なども含めてなかなかハードルが高いですよね。

とはいえ、退職してから転職活動をしようと思うと

資金面での不安が出てくると思います。

 

そこで、どれくらいのお金を準備しておけば安心か

目安をお伝えできればと思います。


目安を出す計算式はこちら。


<1ヶ月の生活費>×<転職に必要な期間(ヶ月)>=<必要な貯蓄額>

(例)
1ヶ月20万円で生活している方が4ヶ月間の
転職活動をする場合→80万円!です。
では転職に必要な活動期間はどれくらいでしょうか。
一般的には、企業研究や自己分析、履歴書などの
書類準備などを含めて転職期間は「3か月~半年間程度」
になるそうです。
当然、ケース・バイ・ケースで長くなったり
短くなったりしますが、転職活動は最低でも「3ヶ月かかる」と
考えておくといいでしょう。
そして無事に転職しても、実際の給与が
支払われるのは月末になることが多いので、
「必要期間にプラス1カ月」はみておいた方が安心です。
ということで「3ヶ月+1ヶ月=4ヶ月」となり、
最低でも、「生活費」×「4カ月程度」の貯蓄額を

用意しておくと安心ということになるのです。

生活費・必要な期間は人それぞれですので

ご自身の額を当てはめてみてください。
一点注意です。一度退職をして無職になってしまうと、
年金や健康保険の手続きも必要です。
免除制度もありますが、一般的には毎月の支払いも発生します。
なので転職をする際には衝動的に辞めてしまうのではなく、
事前に計画を立てておく事が重要ですよ。