お金を上手に増やすコツ2 目的や期間で仕分けする

2017年9月3日

短期・中期・長期と分けて運用すると言いましたが

それぞれの中でも、いくつかの金融商品があるので

期間や運用姿勢で商品を選んで行くと良いでしょう。

 

●まず「何のためのお金?」という目的を明確にする

住宅を買う頭金、車の買い替え、長男の大学用教育資金

老後のお金、家族のために残す、など

何のために「増やす」もしくは「残す」お金なのか

 

●運用期間はどれくらいある?

目的がわかったら、次は期間です。

・いつまでに必要?

・どのくらいの期間で運用する?

これを考えましょう。

 

●最後に運用姿勢です。

例えば、元本割れは避けたい!とか

元本割れの可能性があっても、高めのリターンを期待したい

など。

 


これらによって、どの金融商品を選択するかが変わります。

 

基本的に、短期で必要なお金はリスクの低い商品で

長期間運用することができるのであれば多少リスクをとって

運用していくと良いでしょう。