利息と利率の違いは何?銀行にお金を預けておくと・・・

2017年9月3日

「銀行は全然利息がつかない」とか

「利率○%で運用できた場合・・・」とか

 

案外ごっちゃになっている方も多いのではないでしょうか。

 

利息とは、お金を貸したり借りたりするときの「見返り」というと

わかりやすいかと思います。

銀行にお金を預けておくと利息がつくのは

実は私たちは「銀行にお金を貸している」からなんですね。

まぁ、今の時代はとっても少ないですが。。。

 

もう一つの利率(金利とも言います)は、

1年あたりの利息が、預けた(投資した)元本に対して

どれくらい受け取れるのか??を、パーセントで表したものです。

 

例えば1,000万円を利率3%の金融商品で1年間運用したとすると

1,000万円×0.03%=30万円

1年で30万円の利息を受け取れるということになります!

 

いいですね。

8cefc94c5ee5650a6e3faa8b377b32ff_s
今日現在のメガバンク普通預金金利は0.002%ですので

1,000万×0.00002%=・・・・。

200円です。

 

*ここでは税金の考慮はしていません。

 

1,000万円預ければ、もう少し優遇がありますが

とにかく銀行に置いていても、お金はほぼ増えないということは

間違いないですね。