海外旅行に行くなら、円安・円高、どっちが有利??

2017年9月3日

円安と円高って、私はこの世界に入るまでは

いつもごっちゃになっていました。

「あれ?どっちだっけ??」って。

 
まずは「為替レート」についてお伝えします。

ニュースで「1ドル=○○円」と言う言葉を聞いた事があると思います。

これは、アメリカで利用される「ドル」と

日本で利用されている「円」という、

“異なる通貨の価値を同一にするための交換比率”のこと。

これを“為替レート”と言います。ドル以外にも、ユーロやポンドなどの通貨でも同じです。

5a999058d7322fcae711dc8426c53198_s
では、「円高」「円安」とは何でしょうか?

たとえば、今日の為替レートが1ドル=100円だったとします。

100ドルを手にするのには1ドル×100円で10,000円必要になります。
これが、1年後に1ドル=90円になったとします。

同じく100ドルを手にするには、9,000円が必要です。

つまり、1年前と比較すると、より少ない日本円でドルを手に入れる事ができました。

これを“円高”と言います。
逆に、1年後に1ドル=110円になったとすると、

100ドルを手にするのに、11,000円が必要です。

1年前と比較すると、1,000円多く日本円が必要です。

これを“円安”と言います。
結論としては、海外旅行へ行く場合には「円高」の方が、

より安くショッピングをしたり、現地での食事をしたりすることができます。

なので、私たちがアメリカやヨーロッパなど海外旅行をする時は「円高」がオトク!

逆に、訪日外国人にとっては、「円安」の状態の方が有難いと言えるでしょう。


さあ!これでもう、「円安」「円高」の違いはバッチリですね♪

 
勉強でも資格取得でも、学んだことは人に「教えてあげる」

ことで自分の記憶の定着率も上がるそうです。

じゃんじゃん教えてあげてくださいね♪